最新の訪問歯科情報まとめ

このサイトでは、訪問歯科にしかできないことについて述べて行きます。
患者さんが歯医者さんに行くのではなく、歯医者さんの方から患者さんの所に来てもらいます。
歩くことが出来ない人や歯医者さんまで行くことが困難な人が利用します。
歯科医はケアマネージャーに報告書を提出するので、その後の介護にも訪問した結果を活かすことが出来るでしょう。
利用できるのは虫歯がある人だけではありません。
マウスケアを行うことで誤嚥性肺炎やインフルエンザの予防にもなります。
これは高齢者にとって大きな利点です。

訪問歯科にしかできないこと

訪問歯科にしかできないこと 訪問歯科をあまり遠くで探すと来てもらえないことがあるので、この点は注意が必要です。
訪問歯科を行えるのは、半径16㎞以内だと決まっています。
もしもこの距離を超えた場所まで訪問歯科へ行くと、その歯科医院や歯科クリニックは厚生局からお叱りを受ける羽目になってしまうので、この範囲内で探しましょう。
虫歯だけではなく、マウスケアや歯周病の治療も行えます。
マウスケアを行うことの利点は多く、高齢者の死因の第一位となっている誤嚥性肺炎の予防やインフルエンザの予防にもなります。
高齢者は抵抗力や免疫力が落ちているので、口の中で細菌が増えるとこれらを引き起こす誘因となるのです。
そして普段の食事状況や生活状況も分かるので、一人一人に合わせたきめ細かなケアを行うことが出来るということも、訪問歯科の大きな利点です。
また、スタッフとの会話も楽しんでください。
会話をすることで唾液も出るので、これもマウスケアになります。

訪問歯科を利用する利点は介護が楽になること

訪問歯科を利用する利点は介護が楽になること 訪問歯科は、身体が不自由になってしまった人や身体が弱ってしまった人などの通院が出来ない患者さんのお宅を歯医者さんが訪問して診療を行うことです。
訪問歯科なら自宅まで歯医者さんが来て診療を行ってくれるので、身体が不自由な人や足腰の弱い高齢者を介護している人が自力で歯科医院まで患者さんを連れて行かなくても済むという利点があります。
歯の治療を受けるために車椅子に患者さんを乗せて介護タクシーを呼んで移動するといった手間がかからなくなり、介護の大変さが軽減されます。
特に、高齢のご夫婦などで、歩くのが困難になってしまった人をその伴侶が介護している場合などは、二人とも移動が大変であるため訪問歯科を利用するメリットが大きくなると言えるでしょう。
また、訪問歯科を利用すると、通院困難で歯の治療を受けることをあきらめていた患者さんの生活の質が高くなるという利点が得られます。
例えば、歯が痛くて物が食べられなかった人が訪問歯科で歯を治してもらえれば、栄養を摂るのが楽になり体調も良くなると予想出来ます。
それから、入れ歯が合わなくなってしまった人も歯医者さんに来てもらって自分に合う入れ歯に変えられれば、食事が楽しめるようになって生活の質が向上するという利点が得られるため、積極的に利用しましょう。

訪問歯科に関するお役立ちリンク

要望に合わせた訪問歯科を探す

新着情報

◎2019/12/24

安心して利用できる
の情報を更新しました。

◎2019/10/31

訪問歯科で介護保険を利用
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

介護保険は利用できるのか
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

初診でも訪問歯科を利用できる?
の情報を更新しました。

◎2019/3/18

訪問歯科と通院
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「歯医者 高齢者」
に関連するツイート
Twitter

返信先:🚀

返信先:🚀

高齢者で歯が20本以上残っている人は、20本未満の人と比べて睡眠の質が高い。歯があると睡眠中のかみ合わせが良く、気道が開いて睡眠時の呼吸が安定する。歯が全くない人は、睡眠不足(4時間以下)のリスクが1.4倍、睡眠過多(10時間以上)のリスクが1.8倍になる。虫歯がなくても歯医者は行った方がいい。

返信先:このパブコメもさ。高齢者の方ってほとんど参加できなかったり存在すら知らないんじゃないのかな。。 先日も歯医者で待ってる時に、テレビがついていて、マイナ保険証の特集やってたんだけど。その場にいた高齢者の方が食い入るようにみてたし、やっぱデメリットに触れてる時に注視してた なんだかな

歯医者の受付で電話同時に2本(どちらも高齢者っぽい)お会計、宅配便。 もうてんてこ舞いな状況。